狭い部屋にでかいスピーカーは勿体ない//でも、そんなの関係ねぇ!

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007/07/08 (Sun) ペガサスキッド、ワイルドペガサス或いはクリス・ベノワ

クリス・ベノワが亡くなった。
2週間ぐらい前の話だけれど。
お子さんの事で悩んでいたとか色々流れたけれど、結局はよく判らない。

昭和50年代後半に小学生だった健全な男の子なら、金曜夜8時はワールド・プロレスリングだった筈だ。
入口はタイガーマスクとダイナマイト・キッド。猪木ではなかった。
ジュニアの選手に憧れた。
ケイブンシャのプロレス大百科も買ってタイガーマスクの正体について考えたりしてた。

その後、タイガーマスクはマスクを脱いで「欽どこ」に出演したりするようになったりして、僕の興味もヘビー級へと移っていった。

中学生ぐらいになってライガーやクリス・ベノワ(当時はペガサスキッド)とかが出てきた時、再びジュニアにも興味を持つようになった。
ペガサスキッドはダイナマイトキッドを彷彿させたから。
格好良かった。

ライガーが初めて黒くなった時、「向こう(アメリカ)に行ってクリス・ベノワとかと一緒に練習してみて、こっち(日本)はホントぬるいなと思った。」みたいな事を言っていたのを思い出す。これがプロレス的なアングルからきた発言なのか、素なのか判らないけれどクリス・ベノワは確かにジュニアとは思えないパワーだった。

素顔はシャイな人だったと追悼記事で読んだ。
リング上と違って素は優しかったり、シャイだったり、子供が好きだったりするようなレスラーが僕は好きだ。
クリス・ベノワも、やはりそんなレスラーだったんだなあと判って嬉しかった反面、それが追悼記事だったりする事にちょっと寂しさを覚える。

とりあえず、r.i.p。

スポンサーサイト

comment(0)


comment

管理人のみ閲覧OK

| TOP |

04 | 2018/05 | 06
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

miz

Author:miz
田舎で音楽・漫画・映画を糧にひっそり暮らす文系男子。
コメント等、気楽にどーぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。