狭い部屋にでかいスピーカーは勿体ない//でも、そんなの関係ねぇ!

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006/10/12 (Thu) 「また何処かで逢いましょう。」あるいは「未来で待ってる。」

♪おとめのジンセイ あっぱれ あっぱれ あっぱれ あっぱれ ガッテンダ♪なのだ。
されど、time waits for no oneなのだ。
だから階段ダッシュなのだ。タイムリープなのだ。
とはいっても、結果
♪100点まんてん クーララ クーララ クーララ クーララ エベレスト♪
とはいかないのだけれど。
  ↑
(゜Д゜) ハァ?


「時かけ」を観に行った。
まっとうな青春映画だったと思う。真夏の昼に観たい映画だった。
貞本キャラもなんつーかケレン味というか派手さが消えてて、それとは気付きにくい感じだったけれど、こっちの方が好きだな。
最後まで画が崩れずキレイに動いていて、アニメとしても出来が良かった。

あと、声!声がいい。
ぼくは、ジブリみたいな声のキャスティングは好きじゃない。
餅は餅屋だと思ってる。
時かけも声優さんは余り使ってない。詳しくないけど。
立木文彦と松田洋治以外でいたかな?
けれど素晴らしい。
谷村美月には驚いた。カナリアもいい映画だったな。

おジャ魔女どれみのように分かれ道もばっちり出てきたし、先代(魔女おばさんと呼ばれる)もいるしでサービス精神たっぷり。
どれみと違って原田知世ではなかったけれど。
どれみのあのエピソードはいいなあ。それと、あいこちゃんパパの再婚のやつ。


ヴィトンのPVも良かったけれど、「時かけ」はそれ以上に良かった。(比べるものでもないだろうけれど。)
こっちが代表作と呼ばれるようになるだろうな。



とかいってone pieceとデジモンアドベンチャーだったりして。

スポンサーサイト

comment(0)


comment

管理人のみ閲覧OK

| TOP |

04 | 2018/05 | 06
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

miz

Author:miz
田舎で音楽・漫画・映画を糧にひっそり暮らす文系男子。
コメント等、気楽にどーぞ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。